2021年2月10日(水)

こんにちは!静岡県中部地域で、お墓のお仕事をさせていただいています有限会社 佐野石材の木野です。

藤枝市の長楽寺でかわいらしい色とデザインの五輪塔が完成しましたのでご紹介します!

 

完成したお墓

 

佐野石材オリジナルデザインの五輪塔(石塔 アメリカンピンク)

 

ご依頼の経緯

今回は、40代のまだ若い奥様のお墓を作りたいとのご依頼でした。以前奥様のご実家のお墓を当社で建てさせていただいたご縁もあり、お寺からのご紹介で今回もお仕事させていただくことになりました。

打合せはご主人様と進めていきました。とても仲の良いご夫婦だったということで、ご主人様の奥様への想いを大切にしたお墓づくりを心掛けながら、決めていきました。ご夫婦は藤枝市外にお住まいですが、奥様のご実家が藤枝でしたので藤枝に親戚やご友人も多く、皆さんがお参りしやすいようにと、藤枝の長楽寺を菩提寺に決められました。

 

お墓づくりのこと

お墓を作るにあたって、まずはお客様のご希望から伺っていきます。今回、お客様のご希望は、「そこに行けば奥様を思い出せるようなお墓」「かわいいデザイン」「奥様のご実家と同じ五輪塔」などでした。まずはじっくりお話を伺うことで、お客様の想いに寄り添ったご提案をさせていただきたいと思います。

 

「とにかくかわいらしい人だった。かわいいお墓にしたい。」というご家族のお話から、石はピンク色をご提案しました。また通常淡い色の石を使うときは、彫刻をはっきり見せるため彫刻部分にペンキを入れるのですが、ペンキ入れはしたくないとのご要望でした。そこで、少し濃い目ですが派手ではなく、くすんだ色合いの落ち着いたピンクの「アメリカンピンク」という石をご提案しました。

 

また、形は奥様のご実家が五輪塔であることから、五輪塔にしたいとのご希望でした。五輪塔をかわいくするのは難しいのですが、できるだけご希望に添えるよう、試行錯誤しながらデザインしました。結果、曲面を多くし、柔らかく見せられる五輪塔をご提案させていただきました。

 

納骨室の蓋には、さくらとウサギを彫刻をしました。奥様がウサギが好きだったそうで、ウサギの絵柄は奥様を思い出させます。ウサギの部分はふちを取り少し丸みを帯びた加工をして、優しい雰囲気を持たせました。また上台にもさくらの絵柄を立体彫刻で入れました。

伝統的な五輪塔の形でありながら、丸みを帯びたデザインや、かわいらしい彫刻を要所要所に入れることで、女性らしい柔らかい雰囲気が出せました。

 

耐震対策

土台の接着部分はL字型金具で固定します。見えない土台の部分にもしっかりと耐震対策を施すことで、地震に強いお墓になります。

 

石と石との間には、免震ジェル「安震はかもり」を施工しました。昔のお墓は石を積んであるだけのものも多いのですが、これから来る大きな地震に備えて、これからのお墓は耐震対策をきっちりしておくことをお勧めしています。

 

納骨室の中には調湿材の「まほろば」を敷き詰めました。大切なお墓を湿気から守ります。また、白い調湿材は、見た目にも美しいです。

 

工事を終えて

完成したお墓を見て、「妻を思い出させるようなかわいいお墓が完成してとても嬉しいです。これからは、ここにきて奥さんのことを思って手を合わせたい。」とご主人には大変喜んでいただくことが出来ました。これからも、かわいかった奥様に会いにご家族様やご友人の皆さんが頻繁に訪れてくれたら、きっと奥様もお喜びになるのではないかと思います。

 

本日もご覧いただきありがとうございました!