七山みかげ/佐賀県産の日本の銘石

七山みかげ/佐賀県産の日本の銘石

  • HOME »
  • 七山みかげ/佐賀県産の日本の銘石

佐賀県産の日本の銘石 七山みかげ(ななやまみかげ)

いろいろな石の採石現場(丁場)を紹介するコーナーです。今回ご紹介する銘石は、佐賀県産出の「七山みかげ(ななやまみかげ)」です。

佐賀県唐津市といえば、唐津焼、呼子のイカ、そして三大松原の一つ「虹ノ松原」!
七山みかげは、そんな唐津の中心部から車で30分ほどの七山村・天山(てんざん)で採掘されます。

【丁場のようす】

「玉石(たまいし)」と呼ばれる巨大な石ころの状態で土の中に埋まっています。

【玉石の状態で埋まっています】

天山は「天川さんの山」という意味で、現在3社が石を採掘しており、同じ山から採れる天山石でも少しずつ特徴が違うようです。見学させていただいた七山石材さんが採掘する七山みかげは、他の2社より青みが強いグレーの石です。

【丁場を案内してくださる、七山石材社長の麻生雄一さん。実は歌手でもあるそうです!!】

石の目の大きさは「中目」。中目と言っても、石目としては大きめなので、面積の広い石碑などに向いています。親しみやすいグレーの色をしており、とても硬くて水にも強いので、墓石として九州で広く使われています。

国産の石に注目が戻ってきている今、オススメしたい石の一つです!

七山みかげの特徴

産地:佐賀県唐津市

見掛け比重:2.69t/m3

吸水率:0.09%

圧縮強度:1,981kg/m㎡

(七山みかげはデータがないため、同等の性質の天山石を参考にしました)

TEL 0120-998-683

開催のお知らせ

最近の投稿

NL_title2
bur_img02
 

PAGETOP
Copyright © 有限会社 佐野石材 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.